Author Archives: HIROKO

ブッラータチーズの前菜

ブッラータチーズに鎌倉オイルをかけるだけの簡単で美味しい前菜。ワインのお供に、おもてなしにも喜ばれる一品です。

材料

  • お好みの鎌倉オイル(バジル、ローズマリー、トマトなど)大さじ1
  • ブッラータチーズ 100g

作り方

  1. ブッラータチーズを器の中で食べやすいサイズにカットする。
  2. 鎌倉オイルをかけて出来上がり。

    ※ハーブやトマトを添えても。

3+

魔法のフルーツサラダ

お家にあるフルーツ、旬のフルーツ、なんでも小さめにカットして水菜やスプラウトと和えた簡単なサラダだけれど、鎌倉オイルをかけるだけで、一瞬で立派なサラダに変身します。一度これを心得たら、いろいろな材料で試してみたくなる、鎌倉オイルの魔法のサラダです。
たまには隠し味で、鎌倉ソルトもひとふりしてみて。

材料

  • 鎌倉オイル
  • 鎌倉ソルト
  • フルーツ
  • 野菜
  • カッテージチーズなど
5+

アップルサラダ

りんごの爽やかサラダ。鎌倉ソルトとヨーグルトの相性が絶妙です。

材料

  • 鎌倉ソルト ミント
  • りんご 1個
  • セロリ 1本
  • ヨーグルト 大さじ2

作り方

  1. りんごは皮をむき、1センチ角の角切りにする。
  2. セロリの茎も1センチ角の角切りにする。
  3. ボウルにりんごとセロリを入れて、ヨーグルトとミントソルトで和える。
13+

ハーブブレッド

スーパーで買ったパンを、フライパンで鎌倉オイルを絡めながら焼いてみる。熱々になったら、鎌倉ソルトをひとふり絡めて出来上がり。
簡単なのにレストランのパンに早変わり♪
あらかじめパンに切り込みを入れてから焼き、パテなどを挟んで食べるのもおすすめ。

材料

  • パン(8個)
  • 鎌倉オイルローズマリー 大さじ1
  • 鎌倉ソルト ミント 適量

作り方

  1. フライパンにローズマリーオイルを入れて、パンを並べる。
  2. オイルを絡めながらパンを転がして焼く。
  3. 鎌倉ソルトもふりながら絡め、鎌倉オイルの中に入っているハーブを散らして出来上がり。
10+

鎌倉オイルの朝ごはん

鎌倉オイルと鎌倉ソルトを使うだけで、いつもの朝ごはんがヘルシーで美味しくなります♪

ドレッシングの代わりに野菜に、マーガリンやバターの代わりにパンに、鎌倉オイルをかけてみましょう。

材料(ポテトサラダ)

  • 鎌倉オイル 適量
  • 鎌倉ソルト 適量
  • じゃがいも 2個

作り方

  1. 皮をむいて小さめに切ったじゃがいもを水から茹でる。
  2. じゃがいもが柔らかくなったら、鍋の中の水分が多ければ捨て、焦げないよう木ベラでかき混ぜながら、残った残りの水分も飛ばし、粉ふきいもを作る。
  3. じゃがいもが温かいうちに、鎌倉オイルと鎌倉ソルトを和えて完成。
12+

お豆の前菜

鎌倉ソルトと鎌倉オイルを組み合わせて、あとはギュッと絞ったレモン汁をかけるだけ。今回はお豆ですが、旬の食材を使ったり、オイルの種類を変えたりすると色々なバリエーションを楽しめますよ♪ 

材料

  • 鎌倉オイルローズマリー 大さじ1
  • 鎌倉ソルト ミント 適量
  • ミックスビーンズ缶詰 100g
  • レモン汁 1/2個分
  • 胡椒少々

作り方

  1. 缶詰のミックスビーンズをボウルに入れ、レモン汁、鎌倉ソルト、鎌倉オイルと和える。
  2. 器に盛り、好みで胡椒をかけて召し上がれ。
14+

豚しゃぶの梅だれ添え

暑い日にぴったりのさっぱりメニュー。いつもの豚しゃぶも、バジルオイルに梅肉を混ぜた簡単で美味しいタレと一緒に、レストラン級のお味に❤︎

材料(4人分)

  • 鎌倉オイルバジル 小さじ2
  • 梅干し 大きめ3粒
  • めんつゆ 大さじ2
  • 水 50ml
  • しゃぶしゃぶ用薄切り豚肉 300g
  • なす 2本
  • レタス 適量
  • ミニトマト 8個

    豚肉茹で用

  • 酒 大さじ2
  • 塩 ひとつまみ

作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、分量の酒と塩を加え、その中でしゃぶしゃぶ肉を茹で、取り出し冷ます。別の鍋で、薄く輪切りにしたなすもさっと茹でてざるにあげる。
  2. プレートにレタス、茹でなす、カットしたミニトマト、しゃぶしゃぶ肉を盛り付ける。
  3. 梅肉を種から外して刻み、小さめのボウルに入れ、そこに分量のめんつゆ、水、バジルオイルを加えて混ぜ、プレートに添える。
16+

ご飯のすすむゴーヤレシピ

一手間で苦くないゴーヤ料理。トマトオイルとの相性も抜群です。

材料

  • 鎌倉オイルトマト 大さじ3
    (使い切りオイルで漬け込まれたドライトマトやガーリックも一緒に入れる)
  • ゴーヤ 1本
  • 米ナス 1本
  • オイスターソース 大さじ1
  • 塩 少々

作り方

  1. ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで種や白いワタの部分を取り除く。2mmくらいの厚さに切り、30分くらい水につける。なすも同じように薄切りにする。
  2. フライパンにトマトオイルを熱し、なすを炒める。なすがしんなりしたら、ざるに上げてよく水を切ったゴーヤも加えてよく炒める。
  3. 最後に塩を振り、オイスターソースをまぶし絡めて出来上がり。
16+

レモンオイルの炙りカツオさっぱりマリネ

新しくなったフレッシュハーブのレモンオイルは、タラゴンの香りが効いてさっぱり美味しい♪  これからの季節にマリネにカルパッチョ、サラダにと大活躍すること間違いなし:)

材料(4人分)

  • 鎌倉オイルレモン 大さじ1
  • 炙りカツオ 180g
  • 玉ねき 1/4個
  • わけぎ (みじん切り) 適量
  • ワインビネガー 大さじ1
  • 塩、胡椒 適量

作り方

  1. 炙ったカツオ、玉ねぎを薄切りスライスする。
  2. 皿にカツオを並べ、玉ねぎを上に広げる。
  3. レモンオイル、ビネガー、塩胡椒をかけ、わけぎをかけて出来上がり。
17+

ラズベリーのクラフティ

鎌倉オイルのハーブがのびのびと育つかたわらで、CanRosa Gardenでは鈴なりのラズベリーが真っ赤に色づいています。そのラズベリーを使ってストロベリーオイルをかすかに漂わせたフランスの伝統菓子、クラフティを作ってみました。ラズベリーが手に入りにくかったら、代わりに、種を取ったさくらんぼ、ブルーベリーなど旬のフルーツを使って作ってみても。ストロベリーオイルはお菓子の型に塗ると、焼き上がりの生地がきれいに外れ、香りも良いのでお菓子作りにおすすめです♪

材料(22cmのタルト皿)

  • 鎌倉オイルストロベリー 小さじ1
  • ラズベリー 適量
  • 卵 3個
  • 砂糖 100g
  • 薄力粉 30g
  • 生クリーム 200ml
  • 牛乳 50ml
  • 粉砂糖(お好みで焼きあがった後にまぶしても)

作り方

  1. タルト型にストロベリーオイルを塗る。オーブンを170℃に熱し始める。
  2. ボウルに、卵、砂糖、薄力粉、生クリーム、牛乳を入れ、よく混ぜ、型に流し込む。
  3. ラズベリーを並べて、170℃のオーブンで30分焼いて出来上がり💕
17+

バジルオイルの朝ごはん

昔、お友達から教えていただいたフェタチーズとオリーブのハーブマリネを、朝ごはん用に簡単アレンジしたものです。アボガドも一緒に食べて、1日の始まりをおいしく元気に迎えましょう。

材料(4人分)

  • 鎌倉オイルバジル 150ml
  • アボガド 2個
  • クミンシード 小さじ1/2
  • コリアンダーシード 小さじ1
  • にんにく 1かけ(みじん切り)
  • 塩漬けオリーブ 100g(スライス)
  • フェタチーズ 100g
  • アーモンドやクルミなどのナッツ類

作り方

  1. アボガドを2つに割り、種をくり抜き、マリネを入れやすいように、スプーンで更に少しくり抜く。くり抜いたアボガドは1cmくらいに切っておく。フェタチーズも1cm角に切る。
  2. クミンシードとコリアンダーシードと約1分間、中火にかけたフライパンで炒り、香りが出たらボウルに移す。
  3. 2.のボウルにニンニク、バジルオイルを加え混ぜる。更にくり抜いたアボガド、オリーブ、フェタチーズ、荒く刻んだナッツ類を加えて静かに混ぜ、くり抜いたアボガドに詰める。
19+

たけのこパスタ

お客様から、春のパスタを教えていただきました。簡単でとってもおいしい和風パスタです。忙しい日にも茹で筍と鎌倉オイル、めんつゆがあればあっという間に完成です。

材料(4人分)

  • 鎌倉オイルローズマリー 大さじ1
  • 茹で筍 1/2本
  • めんつゆ(濃縮) 大さじ2
  • スパゲッティ 4人分
  • お好みで、茹でたグリーンピースやエリンギなど

作り方

  1. 茹でた筍を一口大にスライスし、ローズマリーオイルを小鍋かフライパンに入れて筍を炒め、しばらくしたらめんつゆを加えかき混ぜ火を止める。(エリンギを入れる場合は、筍と一緒に炒める。)
  2. 別の鍋でスパゲッティをたっぷりの湯で時間通りに茹でる。
  3. 茹で上がったスパゲッティを1.の筍とあえ(茹でグリーンピースを入れる場合はここで一緒にあえ)、器に盛り完成!
18+

ターメリックライス

今夜はカレー!という日には、鎌倉オイルを使って格別おいしいターメリックライスを炊きましょう。残り少なくなった鎌倉オイルがあったら最高です。ターメリックを用意して、鎌倉オイルの柔らかいハーブや、ガーリック、スパイスなども全て炊飯器に入れスイッチを入れるだけで、体にも良いターメリックライスの完成です。カレー以外にも、シチューやビーフストロガノフにもぴったり♪

材料(4人分)

  • 鎌倉オイル 大さじ1(ストロベリーオイルのシナモンスティックや、その他のオイルのローリエや柔らかいハーブ、スパイス、ガーリックも一緒に)
  • 米 2合
  • 水 炊飯器に合わせて適量
  • ターメリック 小さじ1
  • 好みでアーモンドスライス(一緒に炊きます)

作り方

  1. 炊飯器に、といだ米と適量の水を入れる。
  2. ターメリックと鎌倉オイルをハーブやスパイスごと入れてよく混ぜ、炊く。
20+

簡単で本格的な味アクアパッツァ

ナポリ料理として有名なアクアパッツァは、魚介類や野菜、ハーブのスープがおいしい体も喜ぶヘルシーメニューです。鎌倉オイルを使えば、ハーブがなくても本格的な味になります。今回はあさりとスナップエンドウの春味のアクアパッツァ。パンにつけたり、ご飯を混ぜたり、最後の一滴までおいしく召し上がれ💕

材料(4人分)

  • お好みの鎌倉オイル 大さじ4〜5
  • あさり 400g (塩抜きしよく洗う)
  • トマト 2個 (へたを取りスライスする)
  • スナップエンドウ 8さや (筋を取って、二つに切る)
  • ニンニク 2片(鎌倉オイルのニンニクも使う場合は1片)
  • 白ワイン 大さじ4
  • 塩 少々
  • ブラックペッパー 少々
  • あればトッピングに イタリアンパセリ 

作り方

  1. ニンニクは潰す、またはスライスし、鎌倉オイルを入れたフライパンに入れ弱火で炒める。
  2. ニンニクの香りが立ったら、あさり、トマト、スナップエンドウを加えて炒め合わせ、白ワインも加えて蓋をする。
  3. トマトがクタクタに柔らかくなり、あさりの口が開くまで中火で煮込み、最後に塩とブラックペッパーで味を整えて出来上がり。
21+

フレンチトースト(パン・ペルデュ)

ローマ帝国の時代からイタリアでは食べられていたというフレンチトースト。フランスではパン・ペルデュと呼び、固くなったパンなら何でも牛乳と卵を染み込ませてバターで焼いておいしくいただきます。もちろんバターもおいしいけれども、カロリーやコレステロールも抑えてヘルシーにいただくなら、ストロベリーオイルがぴったりです。おいしく、ヘルシーで、そしてフードロスもない朝ごはんですね!

材料(2人分)

  • 鎌倉オイルストロベリー 大さじ1
  • 固くなったフランスパン4スライス など
  • 卵 1個
  • 牛乳 150ml
  • 砂糖 大さじ1
  • 好みでトッピング用にメイプルシロップなど

作り方

  1. ボウルに卵を割りほぐし、そこに牛乳と砂糖を加え、泡立て器でよく混ぜる。
  2. 固くなったフランスパンを食べやすいサイズに切り、1.に浸す。
  3. フライパンにストロベリーオイルを入れ、弱火で、牛乳汁に浸したパンを両面2分程度焼き、皿に盛り、お好みでメイプルシロップなどをかけて食べる。
20+