Category Archives: 鎌倉オイル

ターメリックライス

今夜はカレー!という日には、鎌倉オイルを使って格別おいしいターメリックライスを炊きましょう。残り少なくなった鎌倉オイルがあったら最高です。ターメリックを用意して、鎌倉オイルの柔らかいハーブや、ガーリック、スパイスなども全て炊飯器に入れスイッチを入れるだけで、体にも良いターメリックライスの完成です。カレー以外にも、シチューやビーフストロガノフにもぴったり♪

材料(4人分)

  • 鎌倉オイル 大さじ1
  • 米 2合
  • 水 適量
  • ターメリック 小さじ2

作り方

  1. 炊飯器に、といだ米と適量の水を入れる。
  2. ターメリックと鎌倉オイルをハーブやスパイスごと入れてよく混ぜ、炊く。
2+

簡単で本格的な味アクアパッツァ

ナポリ料理として有名なアクアパッツァは、魚介類や野菜、ハーブのスープがおいしい体も喜ぶヘルシーメニューです。鎌倉オイルを使えば、ハーブがなくても本格的な味になります。今回はあさりとスナップエンドウの春味のアクアパッツァ。パンにつけたり、ご飯を混ぜたり、最後の一滴までおいしく召し上がれ💕

材料(4人分)

  • お好みの鎌倉オイル 大さじ4〜5
  • あさり 400g (塩抜きしよく洗う)
  • トマト 2個 (へたを取りスライスする)
  • スナップエンドウ 8さや (筋を取って、二つに切る)
  • ニンニク 2片(鎌倉オイルのニンニクも使う場合は1片)
  • 白ワイン 大さじ4
  • 塩 少々
  • ブラックペッパー 少々
  • あればトッピングに イタリアンパセリ 

作り方

  1. ニンニクは潰す、またはスライスし、鎌倉オイルを入れたフライパンに入れ弱火で炒める。
  2. ニンニクの香りが立ったら、あさり、トマト、スナップエンドウを加えて炒め合わせ、白ワインも加えて蓋をする。
  3. トマトがクタクタに柔らかくなり、あさりの口が開くまで中火で煮込み、最後に塩とブラックペッパーで味を整えて出来上がり。
4+

フレンチトースト(パン・ペルデュ)

ローマ帝国の時代からイタリアでは食べられていたというフレンチトースト。フランスではパン・ペルデュと呼び、固くなったパンなら何でも牛乳と卵を染み込ませてバターで焼いておいしくいただきます。もちろんバターもおいしいけれども、カロリーやコレステロールも抑えてヘルシーにいただくなら、ストロベリーオイルがぴったりです。おいしく、ヘルシーで、そしてフードロスもない朝ごはんですね!

材料(2人分)

  • 鎌倉オイルストロベリー 大さじ1
  • 固くなったフランスパン4スライス など
  • 卵 1個
  • 牛乳 150ml
  • 砂糖 大さじ1
  • 好みでトッピング用にメイプルシロップなど

作り方

  1. ボウルに卵を割りほぐし、そこに牛乳と砂糖を加え、泡立て器でよく混ぜる。
  2. 固くなったフランスパンを食べやすいサイズに切り、1.に浸す。
  3. フライパンにストロベリーオイルを入れ、弱火で、牛乳汁に浸したパンを両面2分程度焼き、皿に盛り、お好みでメイプルシロップなどをかけて食べる。
3+

ストロベリーオイルのしらす丼

鎌倉で人気のしらす丼。今回はご飯にこだわり、サラダも添えたオリジナルしらす丼。ストロベリーオイルをかけて、他では味わえないおいしさを是非おうちで味わって。

材料(4人分)

  • 鎌倉オイルストロベリー 大さじ4
  • 野菜とハーブの鶏ガラスープ※で炊いたご飯 丼ぶり4杯
  • 釜揚げしらす 120g
  • お好みのサラダ 適量
  • 昆布の佃煮 適量
  • カニカマ 適量
  • 小ネギのミジン切り 少々

※玉ねぎ、人参、ジャガイモなどの根菜類(古くなってしなびたものや、むいた皮などを利用)、イタリアンパセリ、ローズマリー、ローリエ、セロリなどのハーブ類、鶏ガラ又は鶏の骨をたっぷりの水で煮込んだスープ

作り方

  1. ※の材料を全て大きめの鍋に入れ、コトコトと1時間以上煮て、ざるでこし透明のスープを作る。
  2. 1.のスープを使って炊飯器でいつものようにご飯を炊く。(スープが足りない場合は必要な量の水を加えて炊く)
  3. 炊いたご飯を器に入れ、しらすを散らし、その他の材料を食べやすくトッピングし、ストロベリーオイルをたっぷりかけて召し上がれ。
5+

お味噌汁にひとかけ

鎌倉オイルご愛用のお客様から教えていただいたレシピです。毎朝のお味噌汁にお好みの鎌倉オイルをひとかけすると、コクが出て風味豊かまろやかになり、朝から食が進むそうです。そして鎌倉オイルを使うようになり、体質が改善されたという嬉しいお言葉もいただきました。

材料

  • お好みの鎌倉オイル(ひとかけ)
  • お好みのお味噌汁(写真は、あやめかぶ、わかめ、なめこのお味噌汁)

作り方

  1. お味噌汁を作り、お椀によそう。
  2. 鎌倉オイルをたらし、召し上がれ♪
6+